運送保険とは? ヤマト運輸の運送保険の事や掛金、課税、ひったくり

運送保険とは?

運送保険

運送保険といえば、まずヤマト運輸が有名だ。他にも日本通運や佐川急便、西濃運輸などの大手にも運送保険はあるようだ。運送保険には掛金や消費税のような課税もある。
有価証券の運送にはひったくりの危険などもあるので運送保険をかけた方が良いだろう。
運送保険とは、陸上輸送際に起きた事故などでこうむった貨物の損害を補填することを目的とした保険で、海上輸送における保険は海上保険と呼び、運送保険と分類している。
宅配便などを使った個人活用のケースの場合、運送保険の加入サービスとしては佐川急便が三井住友海上火災保険株式会社の保険代理店として、加入サービスを行っている。


スポンサードリンク

クロネコヤマト運輸の運送保険

運送保険

さて、ヤマト運輸では、宅急便の160サイズ以上の大型の荷物や30万円以上の高価品に関連しては「ヤマト便」という種類のサービスがある。
この「ヤマト便」という運送保険は、運送品の価格に対して一般貨物で1万円につき10円、機械・易損品・引越荷物で1万円につき20円、ガラス製品、美術品、宝飾品などの特別易損品で1万円につき50円の保険をかける事ができるタイプの運送保険なのである。
しかしあまり一般的なケースではない。
通常は高価品を宅配便で送るケースの場合であっても、運送保険ではなくオプションサービスとして絶対に手渡しで荷物の引渡しを確認すると言った無償サービスを利用するのが一般的のようである。
この場合、貨物に損害があったケースの場合の保障は、損害保険会社で運送保険に加入しておくか、ヤマト運輸を利用し特別の運送方法を選択しなければ、自動的につくようなサービスはないし、運送保険の保険料も荷主もしくは着払いのケースの場合は、受取人の負担になる。
確かに現金を送るケースの場合は郵便局の郵便為替などが有るが、高価品を送る場合は宅配便を上手に活かすのが通常なので、たとえば有価証券などを送るケースの場合、運送保険を掛けておかないと何かあった場合の保障が心配になる。


有価証券の運送保険

株券などの電子化に伴って、手持ちの株券を証券会社に入庫しなければならない時は、郵便局の「ゆうパック(一般小包郵便物)」を活用した日興ビーンズの「株券ゆうパックサービス」がおすすめである。
なぜなら、このケースの場合は輸送料金や運送保険料も無料となるからである。
この「株券ゆうパックサービス」の優秀で便利なところは、希望日時に、株券が封入された「書留扱いのゆうパック」を取りに来てくれるから、わざわざ郵便局まで足を運ばなくても良いところである。
あるレベルの持ち株の量を運送する場合は遣ってみる価値がある。
確かに有価証券でも小切手や手形を宅配業者に委託して運送保険をかけて運送するというのはあまり現実的ではない。
しかし、それにもまして現金どころか、そうした有価証券の現物の受け渡し自体がこの世から消滅しようとしているこの時代に、このようなケースを考える必要もないといえる。
ただ引越しなどをするケースの場合は注意が必要で、高価なデザイナーズ家具などを運送させるならば、引越中の損害に備えて、運送保険のような運送業者貨物賠償保険に運送業者が加入していると安心である。
しかし、全ての引越し業者が運送保険に加入しているとは限ないので、引越しの見積もりの際には、運送保険に加入できるかどうかの確認の必要が有る。

 

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

 

旅行と交通の記事一覧