<ジャルツアーとジャルパック>ジャルツアーと高齢者、キャンペーンコンセプト

ジャルツアーとジャルパックについて

ジャル,ツアー

近頃のジャルツアーでは、なるほど多種多様な企画を提供している。
このところは、販売店を対象にした予約システム[JALPAK NAVI]の運用を開始して、ジャルツアーと販売店の連携を一層強化して、予約機能をアップさせただけでなく、インターネット上の予約システムの導入との二本立てで、販売促進を強化させる動きを見せている。
ジャルツアーと云っても、国内旅行の専門ツアーだ。
他方、海外旅行はジャルパックが専門にサービスを提供しており、[円高還元スペシャル]、[夏休みは海外旅行]、[週末海外]等多種多様アイデアを絞った企画物のパックツアー等を中心にビジネス繰り広げている。
近頃のジャルパックも、遠距離の海外渡航の時、燃油サーチャージ額改定に拠って割高に成るような時もあって、どちらかと云えば近場中心の海外パックが目立つように為ってきている。
こんなところにも円高・石油の高騰等の影響が現れていて、国内旅行とおなじ様に近距離の旅行スポットが海外旅行ツアーの中心に為っているわけだが、海外旅行で近距離と云うのもおかしな話だが、ジャルパックの海外旅行に限らず、それだけ海外旅行が身近になったとプラス思考的な理解も出きると云う事だ。


スポンサードリンク

ジャルツアーの高齢者の旅行客を顧客対象とした販売戦略について

ジャル,ツアー

おなじ様にジャルツアーの国内旅行と云うと、殊更に東京大坂や神戸と云ったメイン路線は、他の航空会社との競争と云うよりは、新幹線との競争激化で、苛烈さを極めているが、九州や北海道、沖縄と云った国内の遠距離地への旅行がどうも不振で、ジャルツアー販売店のための予約システム[JALPAK NAVI]でテコ入れしようと云うのがJALの狙いなのだろう。
これと同時に、ジャルツアーに対し高齢者の旅行客を顧客対象にした販売戦略を採用したと云える。
インターネットウエブ上のホームページの予約システムでは、目聡い若い世代にはアピールするものの、高齢者には旅のプランを対面で講釈するほうが好まれる為、ジャルツアー販売店の強化策として手厚いサポートシステムを導入したとも考慮される。


ジャルツアーのキャンペーンに対するコンセプトについて

最新のジャルツアーのキャンペーンに対するコンセプトは、[五感で実感する旅]と云う事で、旅行の内容重要視と云う風潮がみられるが、明白に国内の遠距離旅行への誘導キャンペーンと云った感じで、世界遺産になった白神山地や北海道のような自然豊かな地方への旅行や、京都や奈良、伊勢等の世界文化遺産、海洋療法を謳った[タラソテラピーで過ごす 癒しの休日]と云った沖縄方面の旅行等、これまでのジャルツアーの旅行企画とは、大幅に方向転換しており、高齢化社会に対応した戦略なのか、高い年代層の旅行客を照準を合わせたプランに為っている。
高齢者と団塊の世代の退職者が、ジャルツアーでも未来の顧客としてメインターゲットに成るのは明白で、このようにしてみると全てのジャルツアーの販売戦略がその方向を向いている事が良く把握出きる。

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






ホテル