<化粧品原料とは?>化粧品原料の基準値や成分

化粧品原料について

化粧品原料

近頃、化粧品原料の基準値や成分に興味が在り、化粧品に記述してある原料を確認してみると、ヒアルロン酸、bg、peg、egf等が利用されている事が把握出きた。
やっぱり化粧品原料は、これから買おうとする化粧品を購入する時に1番気にすべき部分で在り、近頃のおおくは、天然・無添加類の為、敏感肌の人にも利用出きる化粧品が販売、通販されている。
そもそも、化粧品原料として利用して良いものと利用してはいけないものとが在り、安全性をキープする上で薬事法として厚生労働省が基準を設けているのだ。
化粧品に利用されている原料は、JCIDと化粧品を開発し販売しているメーカーと合わせると2000種類以上あるようであるが、化粧品を作成する上で必要とも云える他の原料との相性や匂い、もしくはカラー等も深く考慮して安全性を考慮して原料は選び抜かれているそうだ。


スポンサードリンク

化粧品原料[コラーゲン][スクワラン][ビタミンC]について

化粧品原料

化粧品原料として近頃よく耳にするのが[コラーゲン]であるが、[コラーゲン]は肌に張りをあたえてくれると云われている原料で、皮膚の真皮を構成する[繊維状蛋白(たんぱく)]成分の1つと云われていて、人が絶対に所有している物質であるためであるが、年齢と共に消耗していく物質であるため化粧品等でフォローする為に[コラーゲン]を原料とした化粧品や健康食品・サプリメントが、近頃ではおおく販売されるようになったのだ。
次に、化粧品原料として古くから耳にした事があるものが[スクワラン]だとおもう。
[スクワラン]とは、深海に生息しているサメが所有している[肝油]の中にたくさん包括されている[スクワレン]を水素添加にして、精製する事で造られるオイルの事だ。
[スクワラン]は、皮膚に浸透し肌に潤いをあたえると云われている為、薬用のクリームや化粧水・乳液等に利用される原料として認識されている。
次に、化粧品原料でビタミンもおおく利用されているが、ビタミンE]は老化防止として化粧品やサプリメントでもよく販売されているのを見掛ける。
しかしながら、化粧品原料としては[ビタミンC]が1番よく使用されていて、これはただの[ビタミンC]ではなく、ビタミンCの中に包括されている[アスコルビン酸]の誘導体を利用して美白効果を得られると云うタイプの化粧品として販売されている。


化粧品原料でネット検索→コグニスや日清オイリオについて

ネットで検索をかけてみると、コグニスや日清オイリオと云った油性食品メーカーが化粧品原料を販売していることがよくわかる。
コグニスや日清オイリオと云った油性食品メーカーも化粧品原料を作成している事からも、使用されている成分は、よく耳にしているものばっかりではなく、ヒアルロン酸、bg、peg、egf等のような多種多様な原料が使用されており、植物を原料として造られているものもあったりと多種多様あるのだ。
アメリカだと、化粧品原料を無添加のものに絞り込み、自身でオリジナルの化粧水や石鹸を手作りで作成する事が可能に成るように、自身に合った原料を購入出きる店もあるそうだ。
化粧品を購入する時は、化粧品原料の見方を気付いておくべきなのだ。
具体的には、その化粧品が自身の肌に合った原料をキッチリと使用しているか、もしくはその化粧品原料は敏感肌でも平気な天然のものを利用して造られているのかを観てから買い付ける事が肝心なのだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%93%81&tbm=blg&output=rss&num=50






ホテル