<softbankホワイトコール>softbankのホワイトコール24の通話料金と猫のCM

ホワイトコールにかんして

softbank,ホワイトコール

では、今回はホワイトコール24と云うものにかんして案内したいとおもう。
そもそも、ホワイトコールとは、6月3日から全国大展開が開始されたのだが、この当時はまだ24は付いていなかった。
其の後ホワイトコール24となり、ソフトバンク(softbank)の携帯電話でホワイトプランに申し込みしているTELを対象としたサービスになったわけだ。
ホワイトコールは、ソフトバンクの携帯電話からYahooBB ADSLやSoftbankブロードバンドADSL等に契約している人だけが申し込み可能なIPフォンサービス[BBフォン]への通話が24時間無料に成るサービスなのだ。
遡る事5月に、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBBがホワイトコール24サービスの発表を実践した時には、とうとう通話料金の割引サービスが行き着くところまで行き着いたと云う事で話のネタに成った事は今でも記憶に新しい。
また、ホワイトコール24では、IPフォン[BBフォン]からソフトバンク(softbank)携帯電話への通話料金も同じように無料に成る。


スポンサードリンク

ソフトバンクのホワイトコール24の通話料金とホワイトコール猫のCMについて

softbank,ホワイトコール

前述したように、ホワイトコール24ではソフトバンク(softbank)携帯電話から[BBフォン]へだけでなく、[BBフォン]からソフトバンク携帯電話への通話料金も同じように無料に成る。
いままでは固定電話から携帯電話への通話料金は途方もなく高額と云うイメージがあったが、ホワイトコール24の登場により、これからは時間と通話料金を気にしないでお話し出きるようになったのだ。
具体的には、ホワイトコール24の登場により、単身赴任のサラリーマンや、実家から遠く離れた大学に通学している1人暮らしの子供を所有する家族にとって、ソフトバンク携帯、そしてIPフォン[BBフォン]と云うものに対する需要は驚愕するほどに高まったのだ。
ホワイトコール24が登場しても、勿論いままでのホワイトプランのメリットである夜中の1時から21時までのソフトバンク携帯同士の通話料金が無料と云うサービスや、BBフォン同士の通話料金はどんな時であっても無料で使い放題と云うメリットは消失しない為、これらの端末同士の間では、まさにトランシーバーのように好きなだけお話しが出きると云う事になったのだ。
こういった具合に話のネタ性たっぷりで開始したソフトバンクのホワイトコールであるが、ホワイトコールと云えば、やっぱり猫のCMが途方もなく印象的だった。
そこで、以下に猫のCMを案内しておくのだ。

 

ホワイトコール猫のCM その1
ホワイトコール猫のCM その2


ホワイトコール24とauまとめトークについて

また、法人向けとして、基本料金はかかるがホワイトコール24とほぼ同じサービスが受けられるホワイトライン24と云うサービスも開始された。
殊更に、営業マンに携帯電話を持たせて外回りさせていて、この営業マンの通話料金の殆どが社内部署との通話にかかわるものだけと云うような会社にとっては、ホワイトライン24ならば一気に通話料金の支払いを減額出きるチャンスに為っている。
いままでも相当の割引サービスがソフトバンクだけでなく、auやドコモからも発表されているが、ホワイトコール24はまさにその究極形態と云えるだろう。
このホワイトコール24が発表されて1ヶ月ちょっとたった6月には、auでもホワイトコールと同じようにKDDIの固定電話からauの携帯電話への通話料金が無料に成るサービスが発表された。
更にauは、いままでもやっていたauの携帯電話から自身の家へかける通話料金が半額に成るサービスにかんしても、自身の家のTELがKDDIの固定電話の時は24時間無料で使い放題とする[auまとめトーク]と云うサービスを発表した。
これは明白にソフトバンクのホワイトコールをつよく意識したサービスと為っている。
ホワイトコールやauまとめトークと云うネーミングにかんしては多種多様に云われるが、さすがソフトバンクはイメージ戦略が上手と云う印象がつよく残ったのだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






ホテル