<マイクロカプセルの原理と作り方>マイクロカプセルの実用例と芳香を放つ香料等の話

マイクロカプセルのうまい利用例について

マイクロカプセル

マイクロカプセルの原理とは、ミクロン単位のちっぽけな粒子を薄い皮膜でくるむ事だ。
マイクロカプセルはあらゆる領域でうまく利用されている技術で在り、我々の生活の随所で観る事が出きる。
また、マイクロカプセルの作り方としては、アルギン酸ナトリウムを主原料にして作成するのが一般的のようだ。
アルギン酸と云うのは昆布の粘り気の成分で在り、食品等に使用されている成分だ。
マイクロカプセルのうまく利用例としては、まず食品がある。
フレーバー、エキス、落ち着きのない油分をゼラチン等をうまく利用してマイクロカプセルにする事により、油や液体を粉末化する事が可能になり、保存性が飛躍的にアップし、時間の経過に伴いフレーバーが拡散する事を防ぐ事が出きる。
マイクロカプセルをうまく利用する事により、口に入れた瞬間カプセルがはじけてつよいフレーバーやエキスを実感するように成った。
近頃ではこれをうまく利用したガムに大評判が集まっている。
こういった具合にマイクロカプセルのうまく利用例としては、他にカップめんや冷凍食品等多種多様な食品関係がある。
健康食品や高機能性食品にもマイクロカプセルは広くうまく利用されている。


スポンサードリンク

マイクロカプセルの実用例と芳香を放つ香料、ティッシュ等について

マイクロカプセル

マイクロカプセルの実用例としては、芳香を放つ香料をマイクロカプセル化する事によりスクラッチすると、香りを賞味出きる香料やはがき等の楽しみ方が出きる事だ。
また、ティッシュにマイクロカプセルの原理をうまく利用すると、芳香を放つティッシュによる香りを実感する事が出きる。
これ以外のマイクロカプセルの実用例としては、温度により色が変化する液晶をマイクロチップ化する事により、簡易タイプの体温計に成るし、省エネのための室温計や、お風呂の温度計にもうまく利用出きる。また、マイクロカプセルはアクセサリーとしての実用例も有る。
紫外線に反応して、紫外線を浴びたら発光して、紫外線がなくなったら元にもどるフォトクロミック物質をマイクロカプセル化したものをうまく利用した紫外線チェッカーも、現代の生活には欠かす事の出きない製品だ。
フォトクロミック物質をマイクロカプセル化したものを繊維に混入させて、着用しているだけで紫外線量が決断出きるTシャツなんかも有るのだ。


マイクロカプセルとスクリーン、接着剤、衣類、医療について

前述した以外のマイクロカプセルの実用例として、磁気泳動カプセルシートをうまく利用して、磁気に拠ってデータの書き込みや消去が出きる為、半永久的にうまく利用出きるスクリーンと云うものが有る。
これはオフィスのホワイトボードや自身の家の伝言メモボード、子供のお絵かき用の玩具(おもちゃ)として大評判の製品に為っている。
これ以外に、マイクロカプセル内に接着剤を入れて圧力をプラスする事によりカプセルが破壊されて接着させる工業用の接着剤や、相変化による熱の吸収とアウトプットをくり返す物質をマイクロカプセル化し、これを熱移送システムに上手に活かしたり、抗菌、防臭、防カビ剤を内包したマイクロカプセルを織り込んだ繊維、紙、不織布等も在り、これらをうまく利用した衣類やカーテン、壁紙等の製品も有る。
医療の世界でも、例を挙げるとマイクロカプセル内に薬剤を入れて、血糖値の変化、体温の変化、pHの変化等体調の変化に反応してカプセルが破壊さるドラッグデリバリーシステム等にもマイクロカプセルはうまく利用されている。
マイクロカプセルとは、こういった具合に多種多様な使い道へのうまく利用が待望されているものなのだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






ホテル