<マグネットポンプ>マグネットポンプの価格、構造図、原理等

マグネットポンプと構造にかんして

マグネットポンプ

それでは今回はマグネットポンプにかんして報告したいとおもう。
マグネットポンプとは、ポンプの動作原理上の分類と云うよりも、構造上の分類として実在するポンプの種類の事だ。
そもそもポンプとは、入り口から入ってきた液体や気体を、ポンプ内部のタービンをぐるぐる回して液体や気体をかき出して、出口から排出するためのものであるが、タービンを回す為には普通、外部から動力を伝達するための軸が必要になってくるのだ。
軸があると云う事は、その軸とポンプを接合する部分は、不可避的にシール(密閉)部分になる。
回転部分を完璧にシール(密閉)するのは不可能である為、シール部分からの漏洩を絶対に防ぎたい時に、このマグネットポンプを使用すると云うわけだ。
マグネットポンプのタービンには内部に磁石が仕込まれていて、他のおおくの種類のポンプとはちがって、完璧にケーシングの中に収まっているのだ。
マグネットポンプのケースの場合、外部からこの磁力を介してタービンを回転させるわけだ。
軸は完璧にケーシングの中に封じられているから、この種のマグネットポンプにはシール部分は実在しない。
これがマグネットポンプと称される為、こういった具合にシール部分を所有しない為、水漏れや液漏れはしない構造に為っている。


スポンサードリンク

マグネットポンプと液体移送原理による分類について

マグネットポンプ

マグネットポンプを、ポンプ全体の分類から考慮したケースの場合は、前述のように構造上分類の1つとして、マグネットポンプと云う名称があるわけであるから、この名称とは別の見方による分類となる。
例を挙げると、このマグネットポンプを、液体移送原理による分類で考慮した時は、遠心式でなおかつ渦巻き型に近いものとなる。
液体移送原理による分類では、この遠心式の他に容積回転式、容積往復動式等が有るが、液体を排出するケースの場合は、マグネットポンプのケースの場合渦巻き状に近いものとなって排出される為、マグネットポンプは遠心式に分類するのが適当と考慮される。
遠心式の特徴点としては、容量は小さくても大幅にても対応出きるが、その排出形式からして、高粘度の液体の排出には向いていない。
其れから、スラリー荷は対応可能であるが、定量性は低くて、吐き出し脈動はない。


マグネットポンプとIWAKI(イワキ)、三和、サンソー、セイコー化工機のテクセルについて

マグネットポンプで評判のメーカーはIWAKI(イワキ)、三和、サンソー、セイコー化工機のテクセルだ。
マグネットポンプの価格、構造図、原理等はおのおののHPから入手可能だ。
これらの情報を参照事項にマグネットポンプを据付による分類でみたところ、横型に属すると考慮される。
これは、マグネットポンプのケースの場合、ポンプモーターが横に取りつけられているからだ。
以上が、マグネットポンプの評判メーカーと据付による分類だ。
ここまでマグネットポンプの分類上の特徴点を観てきたわけだが、ポンプでその付加価値を名称にしているものとしては、他にキャンドモーターポンプと云うものがあって、これもポンプモーターが一体と為っている為、マグネットポンプと同じように軸封部がなく、液漏れする事が途方もなくおおくはないものだ。
現実の仕事現場では、こういった具合に液漏れを防ぎたい時は、マグネットポンプかキャンドモーターポンプを使用する事が少なくないようだ。
以上で、マグネットポンプの案内を終わりたいとおもう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






ホテル