<リレー回路の基礎>リレー回路の基礎と回路図、タイマー、自己保持機能、スイッチ等

リレー回路の基礎について

リレー回路,基礎

では、今回はリレー回路の基礎にかんして講釈したいとおもう。
リレー回路とは、マイコンがものすごい速さで日進月歩に成長し続け、マイコン制御が複雑なものに為っている現状だからこそ、注目を浴びているものだ。
リレー回路云々の前に[マイコン]と云う言葉にかんしてであるが、把握出きる事が出きない人もいるとおもう。マイコンとは、マイクロコンピューターの略語だ。
超が付くほどに小型のコンピューターと云う意味だ。
では、リレー回路の基礎の講釈をつづけたいとおもう。
リレー回路とは、[気楽にシンプルに設計出きる]、[約束や決まり事の少なさ]、[そこそこ知識がある人ならば誰でも回路図がすぐ詠める]と云う理由で、依然として途方もなく大事な地位を占めている。
それだけではなく、近頃ではマイコン事マイクロコンピューターやパソコンにもリレー回路を取り込もうと云う動きが年々増大している。


スポンサードリンク

リレー回路と記号、シミュレータで点検、24Vか12Vか、スイッチ、タイマー等について

リレー回路,基礎

前述したように、リレー回路は途方もなくシンプルで在り、約束や決まり事がおおくはないと云う事は、補足したりメンテナンスしたりするのもシンプルって事だ。
しかしながら、リレー回路だって記号をおぼえたり、シミュレータで点検したり、24Vか12Vか等考慮する事はあるのだ。
また、リレー回路とは、ラダー図で表される為、すぐに承知出きるし、自身以外の人が記述した回路図でも、詠めるので改善したりも出きるのだ。
[設計がシンプル]っていうのは、リレーの接点でもあるスイッチのONとOFFでリレーに電圧をかけて、そのリレーの所有する接点をONもしくはOFFにすると云う、ごく当たり前の事で電気回路が出きると云うわけだ。
リレー回路は、スイッチの入力接点と、リレー、タイマー、カウンターだけを気付いていれば、誰でもリレー回路を承知出きるし、設計する事も出きるのだ。
こういった具合にリレー回路はシンプル明快であるためであるが、1つでも間ちがえるとピタッと動かなくなる。
誤作動どころか、ピクリとも動かなくなるのだ。
リレー回路はシンプル過ぎて、一昔前の回路って感覚がするが、ICやマイコンが誕生するまで、つまり高度経済成長期と云われる時代の[戦後オートメーション]の全盛期までは、全部リレー回路がコントロールしていたのだ。
リレー回路は、実にシンプルなパーツが組み合わさって動作している。


リレー回路の回路図、自己保持回路について

リレー回路に慣れた人の技術力が更にアップしてくると、たとえ複雑な回路であっても、何者が観ても把握出きるような回路図が組めるように成るそうだ。
これってシンプルなんだが、複雑な気がしないわけでもない。
複雑であるが、シンプルと云う、まさにリレー回路は途方もなく奥が深い回路だと云えるのじゃないだろうか。
リレー回路の基本中の基本的な構造に[自己保持回路]がある。
この基本中の基本構造である[自己保持回路]が、シンプルなリレー回路の中でも予測外に厄介なのだ。
この[自己保持回路]こそが、リレー回路で1番難しくて把握できにくい回路なんだ。
リレー回路の中でも、唯一おぼえないとマズイ回路のようだ。
これ以外は接点の動きと、電気の流れを追っていくだけなのだそうだ。
マイコンソフトと比較すると、本当にシンプルで把握できやすいのがリレー回路の特徴点だ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






ホテル