<ドコモ料金プランの見直しと変更>ドコモの料金プラン一覧を比較してみた

ドコモ料金プランの見直しについて

ドコモ,料金プラン

ドコモの料金プランにかんしてシンプルに記述していこうとおもう。
私の携帯電話は、ドコモのFOMAの料金プランをうまく利用している。
近頃、ドコモの料金プランを改善して変更したいと思い、ドコモの料金プラン一覧を比較して診察した結果把握出きた事を案内したいとおもう。
現実に、現状NTTドコモの携帯電話をうまく利用していると云う人、もしくは現状は他の携帯電話会社の携帯電話をうまく利用しているが、これからNTTドコモの携帯電話への変更を吟味(ぎんみ)している人はドコモの料金プランは気に成るところだとおもう。
NTTドコモの料金プランには、[ファミ割MAX50]と[1人でも割50]と云う料金プランが有る。
家族の誰かがドコモの携帯電話を所持している時には、ドコモの料金プラン・[ファミ割MAX50]に加入出きる。
反対に、家族がドコモの携帯電話を所持していないと云う時には、ドコモの料金プラン・[1人でも割50]に加入する事が出きる。
この2つのドコモの料金プランのちがいとしては、[家族間の通話料]や[メール代の割引]の有無のみと為っている。
たとえどちらの料金プランを選択しても、基本料金の割引率等は変わらないようだ。


スポンサードリンク

ドコモの料金プランと違約金の金額について

ドコモ,料金プラン

このNTTドコモの料金プラン[ファミ割MAX50]と[1人でも割50]は、2年間ドコモを継続して使いつづける事が大前提条件と為っている。
である為、途中でドコモを解約した時は、違約金として9,975円の金額が生起してしまうのだ。
しかしながら、たとえそうなったとしても、あるレベルの期間が経過すれば違約金の金額の方が契約料よりも安くなる為、ドコモの料金プランには加入した方が良いだろう。
ドコモの料金プランのうち[ファミ割MAX50]は、たとえ家族同士で居住している場所がちがっていたとしても契約が出きる。
このドコモの料金プランはそれだけなく、料金の請求書も各々別々にする事が可能なようだ。
主回線の契約者から三親等であれば、ドコモの料金プランである[ファミ割MAX50]には加入出きるそうだ。
である為、別居中の子供や両親、更には自身の妻の両親まで対象とする事が可能なのだ。
なお、11年以上NTTドコモで契約している人の時には、ドコモの料金プラン・[ファミ割MAX50]ではなく、[1人でも割]と普通の[ファミリー割引]に加入する事に成るのだ。
こちらの方が解約時の違約金は安く済むそうだ。


パケット代が定額使い放題に成るパケホーダイについて

NTTドコモの携帯電話で、メールやインターネットをたびたびうまく利用している人が、これらをうまく利用したい時は、ドコモの料金プランのうち[パケット割引]に加入すれば通信料が安くなる事がある。
インターネットをたびたびうまく利用したいケースの場合であるとか、着うたフルやゲーム等をよく携帯電話にダウンロードする時には、ドコモの料金プランのうち4,095円でパケット代が定額で使い放題に成るパケホーダイ(パケット定額サービスの事)に加入した方が良いだろう。
ドコモの料金プランには、パケット定額サービスの他にも[パケットパック]と云うサービスがある。
このドコモの料金プランの1つである[パケットパック]には、1,050円で加入が可能な[パケットパック10]と3,150円からはじめられる[パケットパック30]の2種類が用意されている。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






ホテル