<軽量自転車>軽量自転車のライト・サドル等の部品やパーツの激安・格安通販について

軽量自転車について

軽量自転車,安

軽量自転車と云うのは、一般的にはロードバイクやクロスバイク、そしてマウンテンバイク等の事を意味する。
ロードバイクと云うのは舗装路での高速走行に特化した自転車の事で、殊更にロードレースでのうまく利用を通じて日進月歩に発達してきた。
ロードバイクと云う軽量自転車は、高速走行を大前提に設計されており、泥よけやスタンド等の不必要な部位は基本中の基本的には装備していないのが通常だ。
この軽量自転車の足回りとしては、細い高圧タイヤをとりつけ、走行抵抗の消耗を図ると同時に、更なる高速化・高巡航能力の獲得を現実化している。
ロードバイクは軽量自転車の中でも特徴点な形状のハンドルを採用しており、一般的にこれはドロップハンドルと呼称されている。
余談に成るが、近頃途方もなくの評判を集めている軽量自転車としてYS-11Gがある。
この軽量自転車YS-11Gとは、航空機で名機の呼び声が高い「YS-11」の技術者達が開発した最軽量の折りたたみ自転車である。
YS-11Gは、超軽量なだけでなく、折りたたみもシンプルに実行出きるのでたいへん評判が良い。


スポンサードリンク

軽量自転車の競技とダイアモンドフレームについて

軽量自転車,安

ロードバイクと云う軽量自転車は、近年では部品、素材の日進月歩が著しく、軽量化と云う面では一番テクノロジーの先端部分にある、と云っても過言じゃないかも知れない。
日本ではロードレーサーと云う名前もしくは名称で定着しているし、軽量自転車暦の長いユーザーを中心に、現状もこう呼称されている。
ロードバイクと云う軽量自転車は、今までは競技志向のユーザーにうまく利用者が多かったようだ。
90年代の後半から楽しみ方も多様化し、通勤や通学に使用する等、レースに出ない非競技志向のユーザーも急増し、殊更にレースに出場する事を大前提としないアウトスタンダード機的な軽量自転車も増加の風潮に有る。
ロードバイクと云う軽量自転車のフレームはほぼ全てがシンプルなダイアモンドフレームを採用しており、これはロードレースではUCIの規定によりダイアモンドフレーム以外の機体を使用する事が許されていないと云う理由もあるからだ。
このような規制が無かった90年代には個性的なフレームの軽量自転車がトライアル競技ではよくみられた。
また、軽量自転車ではスローピングフレームの普及に拠ってフレームのサイズそのものも以前より大雑把なものになりつつ有る。


軽量自転車の積載能力と体重規制、そしてライト、サドル等の部品やパーツについて

ロードレーサーはトラックレーサー等と同じように、軽量自転車の現存する1番古いタイプの1つと云う事が出き、あらゆる自転車のスタンダードタイプとして1番シンプルな形状をしている。
ロードバイクと云う軽量自転車は、人間の筋力を効率よく出し切るように出きるだけ軽く、それでいて無駄なものは可能な限り排除するように設計されている。
その為、この軽量自転車では、積載能力や走行の他の二次的な使い道を大前提としたデバイスはあまり考慮されていない。
更に、この軽量自転車のうち、より純粋な設計コンセプトに準じたものに成ると、限界まで素体の重量を切り詰め、乗り手にさえ体重規制を設けているフレームも在るほどだ。
軽量自転車としてはロードレーサーはある意味で1つの完成形であると云えるのじゃないだろうか。
一切合財の無駄を排除したこの軽量自転車のフォルムは1つの芸術品で在り、また究極の機能美であるとも云えるのだ。

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






ホテル