<楽天の古本市場>楽天古本市場の漫画(マンガ)等のコミック通販

楽天の古本市場について

楽天,古本,市場

楽天の古本の通販用ホームページやネットオークションは、コミックや単行本が中心で、扱っているジャンルとしては、ゲーム本や話のネタの新刊本がおおくて、ライブラリーとしての機能を成し遂げるものじゃない。
この辺の事情は古本販売の最大最高大手ブックオフと同じような現象で、文化的な書籍に対する取扱いが、インターネット通販ではむずかしい面が有る。
楽天で古本を扱う時は、新刊でも古本でもその書籍の流動性が求められていて、売れない本は掲載する価値がないものとして除外されている。
販売成果も細かく記録される為、古本のように流動性がおおくはない製品で取扱が出きるの製品としては、あるレベル評判があって流動性のあるコミックや単行本の類いと云う事に成る。
そのせいか、楽天の古本市場では漫画(マンガ)等のコミック通販がメインだ。


スポンサードリンク

楽天の古本とインターネット通販について

楽天,古本,市場

ドキュメントとして書籍を考慮した時、楽天が古本を扱う事による、古本のインターネット通販にどのレベル長所があるかと云えば疑惑のあるところだ。
インターネットの通販と云うものは、売れる事が大大前提で、効率的な販売成果を求めなければ意味がないものであるから、製品のラインアップの改廃は当たり前の話だ。
製品として本のような紙媒体の製品を扱うのならば、紙である必要がある製品でなければならないはずだ。
この意味でコミックや単行本等のように、紙に記述されるビジュアル系の製品である必要が在り、小説やエッセイと云った文学や、学術書等のドキュメントは紙である必要が乏しく、電子化されるのが適当と考えれる。
その結果、楽天で古本等は、街の古本屋のように扱われる事はなく、ブックオフのような状態に成るわけだ。
もし楽天で古本を本格的に扱うとすれば、採算を度外視した運営をする事に成るとおもわれるが、いまの楽天にそこまでの文化的な使命感もないし、そうしたからと云って楽天が文化的な貢献を実行出きるともおもえない。


本の電子化で古本がなくなる事について

近頃の出版会社は、本の電子化に取り組みつつ有るが、このような風潮は、そのうち出版事業の電子化が通常の事として見なされるようになり、古本と云うイメージも紛失してしまうと考慮される。
全ての書籍が電子化されれば、書籍は電子化されたドキュメントとして取引される為、紙媒体の製品としての流通が実践されなくなり、その結果データとして残るものの、古本と云う名前もしくは名称の紙媒体の製品としては残らなくなる。
何だか、ちょっとだけのSFのような話であるが、書籍を電子化するとはそう云う事だ。
現実問題として、近頃だと携帯電話等に、出版社のサーバーにアクセスして小説ファイルを有料でダウンロードして詠むと云ったスタイルが現実化されつつある事は明らだ。
、こういった手法は、とっくに音楽の領域では実現されている。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






ホテル