<漢和辞典>漢和辞典の意味と評価

漢和辞典の意味と評価について

漢和辞典

漢和辞典の意味と評価にかんして案内したいとおもう。
漢和辞典の意味は、日本語で、漢字漢語の詠み方や意味を講釈した辞典だ。
ついでに日本初の漢和辞典が何かと云うと、三省堂の[漢和大字典](1903年発刊)で在り、熟語を末尾の漢字の項目に記載している。
そのおおくは、字を部首に拠って分類して、部首の画数順に配列して在り、一部首に属する漢字は、部首を除いた画数の順に配列しているものが少なくないと思う。
平凡社の漢和辞典である[字通]は、漢字を50音順に配列してある為、吟味しやすくて使用しやすいと云う評価が少なくないと思う。
三省堂の漢和辞典である[50音引き漢和辞典]は、漢字熟語を全部50音順に配列してある為、大学受験には途方もなく役立つと云う評価が多かった。
更に、近頃は無料で漢和字典で吟味するツールとしてweb(ウェブ)上の漢和辞典や部首検索のフリーホームページ等もある。
あまりお金をかけたくない人は、こういった無料の漢和字典ホームページをうまく利用するのも良いだろう。


スポンサードリンク

漢和辞典の歴史と熟語、更に手書きとJISコード等について

漢和辞典

日本では、中国で部首別に漢字を分類した[字書]にならい、平安時代に[篆隷万象名義][新撰字鏡]等の漢字字書が造られたと云う歴史がある。
現状の漢和辞典とのちがいは、[篆隷万象名義][新撰字鏡]等には熟語が収録していない点だ。
通常、[異体字][旧字体]も併記された[親字]が見出しと為っている漢和辞典が少なくないと思う。
この親字ごとに[字音][字訓]が列記されており、[字義](=文字の所有している意味)、[字源](=漢字の語源)、[熟語]の講釈が為されている漢和辞典が少なくないと思う。
そして、中国語の音節を音素文字に分けて組み合わせる方式で表現した[?音]や、中国語の声調を中古漢語の調類に基づいて4種類に分けた[四声]や、漢字の表す1音節のうち頭子音を除いた部分の声調のちがいに拠って平上去入に分けた[韻]、[故事成句]、[地名]、[名付け]、[JISコード]等が記載されるようになった。
コンピュータの手書き認識機能が備わる前は、[JISコード]によるケースの場合だけ、難解な漢字の入力を実行する事ができず、JISコード専用の漢和辞典も発行されたくらいだ。
漢字の語源や豆知識を図版で講釈した小学生の教育用漢和辞典は、2000字もの漢字が収録されているから驚きだ。
高等学校以上の学習用や大学受験用、更に社会人実務用の漢和辞典では3000字以上収録されたものがたくさんある。
一般的に、約6000字強ある、パソコンワープロで扱える第1第2水準漢字を全部網羅している漢和辞典が少なくないのが特徴点だ。
1万字を超越する収録数の漢和辞典も、漢文学習用等専門領域の調査人向けとして発行されている。
1万字を超越する収録数の漢和辞典のケースの場合、[字源講釈]の多様性が特性として挙げられる。


漢和辞典の電脳化、更に評判の三省堂と旺文社について

各種の漢和辞典に共通している事は、説文解字の分類法[六書]に基づいた字源講釈がなされている事だ。
同じ漢字の字源講釈が漢和辞典に拠って全くちがう時があるのは、その漢字の調査人により字源の理解に差があるためだ。
日本に実在する親字の数が膨大である事や、康熙字典体以外の漢字(異体字や書写体)のケースの場合、実物に忠実な字形を明朝体やゴシック体等の活字体で再現しにくい事等が、漢和辞典の電脳化を困難にしているようだ。
最後に漢和辞典は、小学館、岩波書店、大修館書店、三省堂、講談社、学習調査社、平凡社、角川書店、日本漢字能力検定協会、旺文社、清水書院等の各出版社より発行されている。
このうちランキングで評判の高い出版社は、三省堂と旺文社だ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






ホテル