円ドル換金出きる場所 円ドル換金と手数料、rateにかんして

円ドル換金出きる場所と手数料、rateにかんして

円,ドル,換金

円ドル換金とは、ドルと日本円を為替レートで換算して交換する事だ。
海外旅行等でアメリカに足を運べば、当然現地の通貨が必須だ。
こうしたケースの場合に活用される交換比率の事を交換レートと称する。
ニュースで[1ドル★円★銭、昨日より★円の円高である]等と云っているアレの事だ。
円ドル換金出きる場所としては、日本では銀行、郵便局、空港内の換金所で日本円をドル換金する事が可能だ。
また、金券店でも円ドル換金を扱っているところがあるようだ。
但し、円ドル換金する際には手数料が生起し、1ドルに対して換金手数料が取られる。
換金手数料は金融機関に拠ってちがうが、相場は1ドルにつき2円だ。
また、あらかじめ外貨預金口座を作成して円ドル換金しておいて、現地でドルを引き落とす事も可能だ。
手数料は円からドル換金するケースの場合で1円だ。
但し、外貨預金口座にあるレベルの預金がないとキープするための費用がかかったり、初心者には把握できにくいシステムであったりする為、やや注意も必要に成る。


スポンサードリンク

円ドル換金と現実の為替rate(レート)について

円,ドル,換金

御存知かも知れないが、為替rate(レート)は常に変動しているが、近頃では市場rate(レート)を参照事項にして各社で独自に設定しているようだ。
ニュース等でよく耳にする為替rate(レート)は、我々が現実に取引出きる金額じゃない。
銀行間で取引されるrate(レート)をもとに仲値(TTM)と称されるものが決定されて、例を挙げると円をドル換金するケースの場合(円を支出してドルを買い付ける)は、手数料をプラスしたTTSが現実の取引rate(レート)となる。
ドルを円に交換するケースの場合(ドルを売って円をもらう)は手数料が差し引かれたTTBが現実のrate(レート)だ。


円ドル換金と外貨預金について

現状、日本は外貨預金がブームで、外貨預金で利益をゲットとしている人達が大勢実在している。
パソコンとにらめっこしながら外貨を売買し、差額で儲けるのだ。
外貨預金のケースの場合、取引をうまく利用するための銀行をどの銀行にするかどうかも大きなポイントに成る。
外貨預金のケースの場合、銀行が倒産したら、銀行は保証してくれない。
なぜなら、預金保険制度の対象外だからだ。
これから外貨預金をはじめようと云う初心者は、損しても大丈夫なように最小限の資金でスタートしたほうが安全だ。
為替レートは日常変動する為、円高の時に預金して円安の時にひきだせば利益を得る事が出きるが、逆に引き出さなければならない時に円高になってしまったケースの場合は、預け入れ時の金額を下回って元本割れする可能性も有る。
また、預金時及び引出時には手数料が生じる。
TTS・TTBプラス2円の手数料、更に利子には20%の税金がかかる。
疑う余地もなく、外貨預金は為替レートの動向を見定め、タイミングよく運用すれば利益を得る事が出きる。
しかしながら、将来の外国通貨の動向なんて誰にも把握できる事は出きないし、危険度のある運用方法である為、銀行は経済的に余裕がある状態で運用する事を勧めている。
外貨預金のタイミングは途方もなくむずかしいので無理をしない事が大事だ。
結局、1番利益を獲得出きるのは、良いレートの時に円ドル換金する事だ。
たろえば、円安の時にドルを円に換金すれば、手取りの円がおおくなるので手数料等は気にならなくなる
手数料が安くお得で、しかも利息も付くのは外貨預金口座であるが、資産運用のためではなく、海外旅行のための円ドル換金であれば、1円の手数料を惜しむ為に時間をかけるよりも手数料のちがいには目をつむって円ドル換金した方が良いかも知れない。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






ホテル