ホルモン補充療法とは? 更年期障害とホルモン補充療法の禁忌や副作用

女性ホルモン補充療法と更年期障害・骨粗しょう症・高脂血症の改善

ホルモン,補充療法

ホルモン補充療法という言葉を耳にした事は有るだろうか?
更年期障害に苦しんでいる人たちは勿論のこと、30代を過ぎて、プレ更年期か、プチ更年期か、と体の変調を心配に思案している人には、ぜひともホルモン補充療法の事を気付いて欲しいと思案する。
いつまでも若々しくある為にも実に適切な治療方法である。
ホルモン補充療法は、年齢と共に消耗していくホルモンをフォローして、ホルモン不足で生じるいろんな症状を軽くしてくれるものである。
ホルモン補充療法だと、まずホルモン検査をして、その検査に拠って不足しているホルモンをクリームからの経皮吸収、スプレー、注射等でフォローしていく。
女性ホルモンは、特に卵巣で造られる。
ホルモンには、卵胞ホルモン[エストロゲン]と黄体ホルモン[プロゲステロン]の2種類が有る。
これらは、20代をピークに分泌量が少しずつ消耗していく。
そして、閉経を迎える40代後半から50代にかけて、その消耗は大幅になる。
勿論個人差は有るが、このホルモンの消耗により自律神経の働きが乱れ、ほてりやのぼせ、発汗、不眠というようないわゆる更年期障害が生じるのである。
このような症状を低減する為に女性ホルモン補充療法を実践するのである。
この女性ホルモン補充療法は、更年期障害の症状を軽くしてくれるだけでなく、骨粗しょう症や高脂血症の改善も待望出来る。


スポンサードリンク

ホルモン補充療法は更年期障害に効果はあるが副作用や禁忌も懸念

ホルモン,補充療法

ただ、更年期障害の原因は、単に女性ホルモンであるエストロゲンの消耗だけでなく、性格や生活環境も大幅にかかわってくるのだ。
しかしながら、多少なりとも改善する為にもホルモン補充療法は、適切だと云える。
更年期障害の治療として実践するホルモン補充療法は、特に血管系の不調、冷え、動悸や発汗と神経系の症状である、うつの症状に効果的と公言されている。
しかしながら、ホルモン補充療法による副作用も懸念されており、ホルモン補充療法を受けている間は、継続的な検診を受けなければならない。このようにホルモン補充療法は更年期障害に効果はあるが副作用や禁忌も懸念されている。
であるので、ホルモン補充療法にかんしては、ドクターの間でも討論があるようで、体への負担や危険度を懸念する声も有る。
ホルモン補充療法を受ける際は、ドクターと充分な相談をして、承知した上で治療を受けるのが良いと思案する。


ホルモン補充療法のホルモンとは成長、女性、男性、甲状腺のホルモン

40歳を目前にした女性にありがちであるが、20代の頃とは明白にちがういろんな変調に驚きと懸念を抱いている。
更年期障害は、どなたにでも絶対に生じるとは限らないが、来るべき時に準備して、改善方法の1つとして、女性ホルモン補充療法を気付いておく事は、心と体に安心感を献じると思案する。
女性が閉経をむかえるのが平均で50代だとすれば、それからも30年くらいは人生を楽しむ事ができる。
女性ホルモンの消耗による体の不調や懸念を多少なりとも改善し、いつまでも若々しく、楽しく過ごす為にも女性ホルモン補充療法は、実に適切じゃないだろうか。
参考までに、ホルモン補充療法のホルモンとは成長、女性、男性、甲状腺のホルモンである。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






ホテル